長坂蛾庭

2011年6月1日

ハモリダニ(?)の繭(?)

カテゴリー: 1.自然観察, ダニ, — Hepota2 @ 19:49

今日武蔵野公園に行ってきました。

アラカシ(?)の葉裏に、アヤシイものがありました。左下のオレンジ色の方です。右上にあるのはチャタテムシ類の卵のような気がします。

分解したらダニがいました…。ダニって繭を作るんでしたっけ?

投稿した後、写真追加しました。今年の4月20日に撮影したもので、大きさは違いますが似たような感じです。今日撮影した方は脚を含めて約1.3mm、下は約0.5mmです。やはり脱皮のたびに巣を作っているのかもしれませんね。

—2011年6月2日—
今日見たら動き回っていました。巣をよく見ると脱皮殻らしきものがありましたので、写真を追加しておきます。昨日の状態は非常に奇麗だったので脱皮した後かと思ったのですが、脱皮前だったようです。

2011年5月18日

サカキコナジラミ? その2

カテゴリー: 1.自然観察, カメムシ目, コナジラミ, ダニ, ハエ目, — Hepota2 @ 20:51

しばらく忘れていたのですが、成虫が多数発生しているという情報をいただいたので、今日見てきました。なおサカキコナジラミモドキの可能性もありそうで、種名は?をつけてあります。

こちらでも成虫が沢山出てました。粉が多く、色がやや濃い感じです。体長は翅端まで、約1.9mmです。小さい粒は卵だと思います。

下は、別の木にいたものですが、あまり粉っぽくありません。だんだん取れていくのか、別種なのか…。幼虫らしきものも観察できました。1齢でしょうか?赤い目のようなものが2対あります。卵の大きさは約0.22mm、幼虫の大きさは約0.32mmです。

下はダニが卵を捕食しているのだと思いましたが、他の可能性も考えられるかもしれません。
2011年5月20日: ダニはハモリダニの一種のようです。

下は、ヒラタアブの幼虫が孵化しようとしているところだと思います。面白いものが見れるかと思ったのですが、いくら待っても出てこないので、失敗したのかもしれません。

—関連記事—
その1

2011年5月15日

ニタイケアブラムシ属の一種を捕食するハモリダニの一種

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, ダニ, — Hepota2 @ 19:38

昨日、武蔵野公園で撮影しました。ダニの一種がニタイケアブラムシ類の越夏型を捕食しているところです。越夏型は増殖しないで夏を乗り切るため、防御力が高いと思われますが、ダニには通用しないのでしょうかね。ダニの体長は約1.0mmです。

—2011年5月20日—
図書館に行って、原色植物ダニ検索図鑑を見てきました。ハモリダニの一種のようです。やや黄色っぽいので、キイロハモリダニかもしれませんね。

« 新しい投稿

Powered by WordPress