長坂蛾庭

2019年4月28日

ハナクダアザミウマ Haplothrips kurdjumovi Karny, 1913

カテゴリー: 1.自然観察, アザミウマ目, — Hepota2 @ 19:00

クロウメモドキの葉で複数見つけました。

■ ハナクダアザミウマ Haplothrips kurdjumovi Karny, 1913

Ulitzkaさんにサンプルを送って見ていただいたところ、Haplothrips kurdjumovi ということでした。

北半球とニュージーランドに分布しており、ダニの卵を食べるようです。
クロウメモドキとは関係ありませんでした。

参考:
[1] Thrips of New Zealand

2019年4月16日

イチジクコナジラミ

カテゴリー: 1.自然観察, カメムシ目, コナジラミ, — Hepota2 @ 19:15

先月の3月8日にイタビカズラでコナジラミの若齢っぽいのを見つけました。
そろそろ終齢になっているかなと思い、再びプチ遠征してきました。

良いタイミングだったようで、終齢っぽいのがいました。

検鏡してみました。イチジクコナジラミでなんとなく良さそうです。

■ イチジクコナジラミ Apobemisia kuwanai (Takahashi, 1934)

高橋1934と高橋1954にはホストは Ficus sp. となっているのですが、日本産コナジラミ総目録ではイタビカズラが記載されてます。ソースがわからないので、もしご存知であれば教えてください。

2019年4月13日

キヅタツボミフクレフシ

カテゴリー: 1.自然観察, タマバエえい, ハエ目, 植物, , 虫えい — Hepota2 @ 19:00

キヅタの実に少し形が違っているのを見つけました。虫えいのようです。

検索するとキヅタツボミフクレフシというのが見つかりました。たぶんそれでしょう(適当)。成虫を見たいと思ってたのですが、2ヶ月ほど後の6月に何か出ているのを見つけました。遅かったようです。

■ キヅタツボミフクレフシ

実が割れるのかと思ってたのですが、どうやって脱出するのでしょうね。繭の状態で掘り進むのでしょうか? 羽化殻の先端が顎のようになっている気もしますね。

また来年、もう少し早い時期に実を採ってきて調べたいと思います。

Powered by WordPress