長坂蛾庭

2019年5月11日

アザミウマ科の一種 Trichromothrips elegans

カテゴリー: 1.自然観察, アザミウマ目, — Hepota2 @ 19:00

石和温泉の大蔵経寺山です。

いろいろな樹種で、写真のようなアザミウマを大量に見かけました。

■ Trichromothrips elegans Masumoto et Okajima, 2005

ドイツのUlitzkaさんにの方にサンプルを送ってみていただいたところ、Trichromothrips elegans で間違いないとご教示いただきました。詳細はこちら をご覧ください。

© Ulitzka

おちゃたてむしさんのブログの2017年5月31日の記事に岡島先生のコメントが書き込まれていて、それによるとアオキで発生するそうです。次は幼虫を探してみたいですね。

それからだいすけさんからの情報によると、Trichromothrips属については以下の論文が参考になるそうです。有料記事みたいなので私は見れませんでしたが。
Trichromothrips Priesner (Thysanoptera, Thripidae) of Japan and Taiwan, with descriptions of four new species and a review of the Trichromothrips group of genera

ヤマコウバシの虫えいとタマバエの幼虫と寄生蜂

カテゴリー: 1.自然観察, タマバエえい, ハエ目, ハチ目, , 虫えい — Hepota2 @ 19:00

大蔵経寺山で見つけました。

ヤマコウバシの葉の縁を巻いた虫えいです。葉表にはミミズ腫れのような痕ができてます。

ゴールはタマバエが形成するヤマコウバシハマキフシのようです。

中を開いてみるとタマバエの幼虫らしきものがいて、さらに寄生蜂が産卵してました。見にくいのですが後脚の間辺りから産卵管が伸びています。

虫えいも調べようとしてみるといろいろと新しい発見がありますね。

Powered by WordPress