長坂蛾庭

2019年7月31日

ケヤマウコギのトガリキジラミ(その2)

関連記事: その1その3

野辺山です。

ケヤマウコギの状況を見に行ったのですが、なんとすでにゴールが割れていました。2化(以上?)だったようです。まだ実はありませんから、葉っぱや枝にゴールができていました。羽化確認したわけではありませんが、おそらく同種だと思います。

ゴールをいくつか持ち帰って開いて見ましたら、かなりいろいろなステージの幼虫が見られましたので、何化かを調べるのは難しそうです。1枚目は寄生されてます。

その後、いくつかの場所でケヤマウコギの株を見つけましたが、かなり高い確率で寄生されていました。こんな感じで若い枝に大量に寄生されてることが多いです。8月11日撮影。

蕾ができ始めていて寄生蜂がウロウロしてました。

よく調べてみると、キジラミの幼虫がウロウロしてました。寄生蜂は長い産卵管を持つタイプでは無さそうなので、どうやってゴール内のキジラミに産卵するのかと思ってましたが、このタイミングで産卵するのかもしれませんね。

オスの成虫を得たいので、継続して観察する予定です。

2019年7月29日

緑色の虫カビ

カテゴリー: 1.自然観察, カビ — Hepota2 @ 19:00

清里です。

サワフタギの葉裏で、緑色の虫カビ(?)を見つけました。寄主はバッタのようです。

ツイッターに投稿したところ、琉球大の研究者の方からサンプルを送ってほしいという連絡があったので、2日後に採りに行ったのですが、かなり崩れていました。

分解が進んだというより、カビを食べる生き物がいるような気がしてます。

とりあえず、これを研究者の方に送ったので、なにかわかったら追記したいと思います。

Powered by WordPress