長坂蛾庭

2011年11月28日

ヨモギハアブラムシの卵でしょうか?

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, ハエ目, — Hepota2 @ 23:22

ヨモギの葉裏にいたアブラムシです。『アブラムシ入門図鑑』によるとヨモギに付くアブラムシでは近似種がいないとのことですので、ヨモギハアブラムシでよさそうです。ゼリービーンズみたいなのは、こいつらの卵でしょうか? 大きさは約0.6×0.25mmです。産卵シーンを見てみたいですね。

■ヨモギハアブラムシ

天敵だと思うのですが、あまり動きはありませんでした。なんだか遊んでいるようですね。

2件のコメント »

  1. そろそろ寒くなってきましたね。「兵隊アブラムシ」は古書店から1冊消えていました。
    ヨモギ類には20種以上のアブラムシが寄生するので、卵の産み主を特定できないのですが。このAphis 属で後脛節が膨らんだ個体(卵生雌)が見つかれば正解ですね。幼虫に比べると、卵が巨大に見えます。
    2枚目:黄色いウジがショクガタマバエの終齢?幼虫で、右下のつぶれた幼虫が犠牲者でしょう。

    コメント by ezo-aphid — 2011年11月30日 @ 21:59

  2. ezo-aphidさん、こんばんは。
    >「兵隊アブラムシ」は…
    私でしょう。安い方を買いましたが、まぁまぁ奇麗でした。ややヤニ臭がしてますが。それにしてもチェックが厳しいですね。
    やはり産卵場所を押さえないとダメですよね。次回はもう少し粘ってみます。
    こいつがショクガタマバエですか。来春はこやつらを捕まえてきて畑に住まわせたいです。

    コメント by Hepota — 2011年11月30日 @ 22:21

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress