長坂蛾庭

2012年11月16日

ナタネの木

カテゴリー: 6. 畑 — Hepota2 @ 22:07

畑を片付けました。

トマトの定植は遅かったですが、8月中から10月中ごろまで採れました。売るほどはなかったのですが、毎食皿一杯のトマトを食べてました。夏に雨が少なかったせいか、甘くておいしかったです。
畑は初めてのことばかりでしたが、来年はもう少しうまくできそうな気がします。

11月になってから、最低気温が零下になることもあります。コスモスとマリーゴールドは終わり、今は菜の花が少しとタンポポが少し咲いています。昼はけっこう暖かくなり、チョウもまだ飛んでいます。

去年種を播いて春に花を咲かせていたナタネですが、種ができ始める頃からアブラムシが大量にわきました。そのまま放置しておくとアブラバチが来て、ほとんどがマミーとなり、いつのまにかアブラムシはいなくなりました。その後も放置しておくと、ハムシ、ナガメ、カブラハバチが大量に発生し、その後葉っぱを落として枯れたように見えました。さらに枯れた状態で放置しておくと、ふたたび葉っぱが生えてきて、少ないですが花も咲かせました。茎は木のようです。

いろいろと面白いことがあります。この先どうなるでしょうね。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress