長坂蛾庭

2013年2月22日

ミツバチにストーカーされたことはありませんか? 〜妄想自然科学〜

カテゴリー: 妄想自然科学 — Hepota2 @ 15:09

自然観察をしていると、奇妙なことを発見して、どうしてだろうと考えることが良くあります。例えばこのミツバチ、執拗に私にまとわりつき、そのままじっとしていたらついに手をカジカジし始めました。

さて、この子は何をしたいのでしょう?

これは6年ぐらい前に経験して、いろいろ考えた結論は次のような感じです。「この子は巣から始めて飛び立ったばかりで、まだ花を知らない。私の手を花かな?と思ってカジカジしている。」

ミツバチは季節や場所によっていろいろな花に対応しなければいけませんから、細かいことは本能ではなくて、産まれた後で学習するのでしょう。

まぁどうでもよいムダ知識ですが、こういった推理をすることも自然観察の楽しみだと思います。一般の人にも考えてほしいなと思います。

ちなみに、ミツバチは特に怖くはないのですが…
スズメバチにストーカーされたことはありませんか?
これは怖かったです。
これも、おそらく原因は同じで、初めて見た人間が気になっているだけのようです。しつこくストーカーされたので、振り払うとプーンという感じで逃げていきました。もしこちらを警戒している場合は、こちらに顔を向け、一定距離を保っていますので、その場合は近づかない方が良いと思います。

関係ありませんが、昔撮ったミツバチの写真を貼っておきます。

2件のコメント »

  1. ミツバチはありませんが、少し大きな蜂にストーカーされたことがあります。
    石垣と農道がある道を歩いていたら、いきなり飛び出してきて、離れてくれないのです。
    帽子の周りをぶんぶん飛び回って、かなり歩いたのに離れてくれず怖かったです。
    巣の近くを通ってしまったのかも知れませんね。

    コメント by nekocchi1122 — 2013年2月24日 @ 22:38

  2. nekocchi1122さん、こんばんは。
    何かハチを引きつけるフェロモンを発せられていたのでは?
    キンリョウヘンみたいな。

    コメント by Hepota — 2013年2月25日 @ 18:48

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress