長坂蛾庭

2013年5月6日

ケバエの羽化

カテゴリー: 1.自然観察, ハエ目, — Hepota2 @ 17:00

庭を探索しておりましたら、ケバエの成虫の集団がいました。

近くに多数の蛹の殻がありましたが、草むらの中でうまく写せませんでした。写真はその隣にあった脱皮殻の集団です。

秋に幼虫集団はときどき見かけますが、集団のまま蛹になっているんですね。
羽化も一緒、交尾も一緒。
仲がいいですね。

若齢幼虫時代もみんないっしょなのかな。

2件のコメント »

  1. こんばんは、

    ケバエですか、例の幼虫の団子状態は私が出会いたくない虫のワースト3(成虫は気にならないが)に入っていますが、サナギの抜け殻の写真だとどうってこと無いですね。
    しかし、あの団子状態でどうやって生きていけるのかは、チョッと不思議な感じがします。
    みんな一緒かあ、幼虫には似合わない言葉だなあ(^^;。

    コメント by そら — 2013年5月6日 @ 19:53

  2. そらさん、こんばんは。
    私もハエ系の幼虫はあまり好きではありませんが、ケバエの幼虫は大丈夫です。頭があるからかもしれません。鱗翅目はまるで平気です。チャドクガの集団とかを見つけるとナデナデしてます(イラガは無条件に刺すらしいので触りませんが)。ハバチにいたってはむしろ萌えます。

    コメント by Hepota — 2013年5月6日 @ 21:30

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress