長坂蛾庭

2013年8月3日

シーモンキンウワバ羽化

カテゴリー: 1.自然観察, チョウ目, 八ヶ岳自然観察の会, — Hepota2 @ 11:58

アキカラマツのキンウワバですが7月28日に見に行ったら蛹になっていたのでいくつか採ってきました。


葉っぱの裏で蛹になるようです(水色の矢印)。幼虫もまだ残っていました(赤い矢印)。

で今日見たら一匹羽化していました。

■シーモンキンウワバ Lamprotes mikadina (Butler, 1878)

やはりシーモンキンウワバで良さそうです。
真ん中の紋が”C”の形に見えるからC紋という名前がついているのだと思いますが、Fのようにも見えます。
キンウワバらしく、金箔を貼ったような輝きがありますが、写真だとよくわかりませんね。立体写真にするといいかもしれません。

—参考—
みんなで作る日本産蛾類図鑑
DMJ
幼虫図鑑

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress