長坂蛾庭

2019年9月5日

ブナのフシダニえい

カテゴリー: 1.自然観察, ダニ, フシダニえい, 植物, , 虫えい — Hepota2 @ 20:00

長野県入笠山にて、ブナの葉に虫えいらしきものを見つけました。細くて短い線状で、初めて見るタイプのものでした。


■ブナの葉の虫えい。

持ち帰って調べてみました。少し崩すと中に空間がありフシダニらしきものが見えます。

念の為、簡易的にプレパラートを作ってみました。フシダニの簡易プレパラート作成は3回目です。1回目は水でそのまま封入しましたが、あまり出来が良くない上にすぐに蒸発して使えなくなりました。2回目はコナジラミ的手法を試みてみましたが途中で消えてなくなってしまい失敗しました。今回はアザミウマで使うAGA液でそのまま封入してみました。AGA液は水、エタノール、氷酢酸、グリセリンの混合液ですが、エタノールや氷酢酸によって表面張力が下がり空気は抜けやすくなりそうですし、グリセリンは蒸発せずに残るのでしばらく持ちそうです。またグリセリンの屈折率はカバーガラスのものに近く、光学的にも性能が良さそうです。ただし透化処理していないので、内容物がじゃまで見にくいです。あと粘性が低すぎて流れてしまうので、グリセリンを多くしたほうが良いかもしれません。


■ブナのフシダニ

植物防疫の『フシダニ類の見分け方』が公開されているので、少し調べてみました。
口吻の大きさは小さく、背甲上の剛毛は2本、口吻はヘラ状でない、外部生殖器は後脚の基節から離れている、体環数は背面と腹面でほぼ同数ということで、フシダニ科フシダニ亜科ではないかと思います。

検索表で羽毛爪というのが出てきたのですが、いつも使っている撮影システムでは無理そうなので、油浸100倍対物を使ってみました。使うことはないだろうと思っていたので一度も使ってません。無限遠補正化したBHCは使えないので、BHC直焦点+グリーンフィルターで撮影しました。


■ブナのフシダニの羽毛爪

一応撮れたと思うのですが、用語がよくわからないのでここまでにしておきます。
サンプルを北大でフシダニを研究されている方に送ったので、何かわかったら追記したいと思います。

参考:
[1] フシダニ類の見分け方(1)〜(4) 植物防疫 60巻 3,4,8,9号

2019年9月1日

イタヤカエデの虫えい

カテゴリー: 1.自然観察, ダニ, フシダニえい, 植物, , 虫えい — Hepota2 @ 20:00

野辺山で見つた、イタヤカエデの虫えいです。

虫えい図鑑、ネットでもわからなかったので、とりあえず写真をアップしておきます。


■イタヤカエデの虫えい

フシダニえいっぽいのですが、詳しく見ていないので不明です。
もう少し調べてみようかと思います。

2019年6月11日

クマノミズキの虫えい

カテゴリー: 1.自然観察, ダニ, フシダニえい, 植物, , 虫えい — Hepota2 @ 19:00

クマノミズキにフシダニの虫えいらしきものを見つけました。

拡大してみましたが何もいないようです。

ひょっとして小さくて見えなかったのでしょうか?
時期を変えて見に行ってみようと思います。

2019年5月18日

ヤマナラシの虫えい

カテゴリー: 1.自然観察, ダニ, フシダニえい, 植物, , 虫えい — Hepota2 @ 19:00

ヤマナラシの葉で虫えいを見つけました。

拡大するとフシダニらしきものがいました。

虫えい図鑑に、ヤマナラシハイボケフシとヤマナラシハケフシという名前が載ってますが、詳しくは書かれてませんでした。

なにか情報がありましたらお願いします。

2019年3月8日

イタビカズラの虫えい

カテゴリー: 1.自然観察, ダニ, フシダニえい, , 虫えい — Hepota2 @ 18:20

静岡県の小笠山で見つけました。

イタビカズラに顕著な虫えいがありました。

帰って調べてみると虫えい図鑑にも載っていないようだったので、虫えい掲示板に投稿してみましたところ、湯川先生から未記録であるという解答をいただきました。

イタビカズラの不明コナジラミ目的で4月20日に再訪したときに、虫えいのサンプルも採集してきました。中を調べるとフシダニがいましたので、フシダニえいのようです。

このダニもいましたが、こちらは捕食者かもしれません。

サンプルは北海道の研究者の方に送付したのですが、保管方法が悪かったのと時間が経過していたためか、捕食性のダニによって全滅していたようです。すみません。

次の機会に、もう一度チャレンジしてみたいと思います。

2018年10月30日

イタヤカエデハツノフシ

カテゴリー: 1.自然観察, ダニ, フシダニえい, 植物, , 虫えい — Hepota2 @ 22:00

茅ヶ岳の麓で見つけました。イタヤカエデのゴールです。

イタヤカエデハツノフシで良さそうです。
フシダニの一種によって形成されるとか。

採集してきたので、中を見てみました。

動いているのが見えたので、生物顕微鏡で見てみました。単に水で封入しただけです。0.1mmぐらいしかなくてむちゃくちゃ大変でした。

フシダニは細長い体型で4本の脚を持っているそうなので、それっぽいかな。

2018年5月22日

ハモリダニの脱皮

カテゴリー: 1.自然観察, ダニ, — Hepota2 @ 01:54

クロウメモドキのゴールを調べていたら中にハモリダニの脱皮繭がありました。

インターバル撮影を行ってタイムラプス動画を作ったのでご覧ください。
2秒間隔で撮影して30fpsで動画にしたので60倍速になってると思います。

インターバル撮影はOLYMPUS Captureという、カメラコントロールソフトを使いました。
999枚という制限を超えることができます。

2017年6月23日

ナミケダニ科の幼虫

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, ダニ, — Hepota2 @ 20:20

最近撮影しました。
アブラムシについていたダニです。


■ ナミケダニ科の幼虫

以前に見たものとは違っていたので少し調べてみましたところ、かなり似た図を見つけました。
Allothrombium 属の幼体みたいです。
BioPotal

このダニの幼虫はアブラムシにつくそうです。フランス語ですが
INRA

「日本産土壌動物」を見てみると、ナミケダニ科で幼虫がアブラムシにつくと書かれた属が一つだけあって、上と同じ Allothrombium 属です。そして日本から記録があるのはドクロケダニ Allothrombium angulatus 一種だけだということです。

かなり怪しい判断ですが、名前を出しておきました。

2017年6月24日:訂正
以下のサイトを見ると複数の属の幼虫がアブラムシ専門につくようなので、科までにしておきました。
InfluentialPoints

古い投稿 »

Powered by WordPress