長坂蛾庭

2020年11月24日

ササッパヒゲマダラアブラムシ Takecallis arundinariae (Essig, 1917)

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 19:00

ササ(詳しくは見なかったので種類は不明)の葉裏で、見つけたアブラムシです。


■ ササッパヒゲマダラアブラムシ Takecallis arundinariae (Essig, 1917)

特徴的な斑紋から森津図鑑でタケクロスジヒゲナガアブラムシとされている種に間違いなさそうです。日本昆虫目録では和名は ササッパヒゲマダラアブラムシ となっていたのでタイトルはこちらに合わせました。

分布は全北区とニュージーランドということで、かなり世界的に分布するようです。

詳しい情報が以下のサイトに載っているので、リンクしておきます。
InfluentialPoints.com

?タケワタフキヒゲマダラアブラムシ

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 18:00

こちらもササの葉にいたアブラムシです。2枚目は羽化直後なのか分かりにくいですが有翅虫です。

Twitterにアップしたところ、だいすけさんから以下のようなコメントをいただきました。

これはおそらく凄い発見で、タケワタフキヒゲマダラアブラムシPhyllaphoides bambusicola TAKAHASHI, 1921の可能性があります!本種は杉本(2019,Rostria, 63: 25-44)により日本(福岡県)から初めて報告されたばかりで、これ以外の国内産地は知られておりません。

残念ながら採集していなかったのですが、近場で探してみてサンプルを見てもらいたいと思ってます。

uni2さんのサイト淡路島の生き物たちにも似たようなアブラムシが掲載されています。けっこう広く分布しているのかもしれませんね。

2020年7月30日

モクレンヒゲナガマダラアブラムシ Calaphis magnoliae Essig & Kuwana, 1918

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 19:29

野辺山で見つけました。コブシにいたアブラムシです。


■ モクレンヒゲナガマダラアブラムシ Calaphis magnoliae Essig & Kuwana, 1918

モクレンヒゲナガマダラアブラムシのようです。森津図鑑に有翅虫の写真が載ってました。外観がかなり特徴的でホストも合っているので、たぶん大丈夫でしょう。

森津図鑑および日本昆虫目録ではNeocalaphis属になっていますが、aphid.speciesfile.orgではCalaphis属になっています。状況は確認中です。

2020年7月19日

ニッポンオマルアブラムシ? Amphicercidus ?japonica (Hori, 1927)

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 22:00

新型コロナの影響であまり遠くへは出かけていませんでしたが、3ヶ月ぶりくらいに野辺山方面に行ってきました。

キンギンボクと思われる木の若い枝に、綿にまみれたアブラムシがいるのを見つけました。

ストロボの調子が悪かったので、採集してきて自宅で撮影しましたが、ワックスにまみれていてよくわかりませんね。

無翅の成虫を2個体ほどプレパラート標本にしてみました。コナジラミと同じような方法で処理しましたが、氷酢酸で脱水後、クローブオイルに漬けると腹部が少し萎縮しました。浸透圧的なものでしょうか。腹部に針で穴をあけるなどしたほうがいいのかもしれません。

ツイッターに投稿したところだいすけさんから、ニッポンオマルアブラムシの可能性あるとのご意見をいただきました。サンプルを送付予定なので、詳細が判明したら追記したいと思います。

カバウスブチアブラムシ Mesocallis pteleae Matsumura, 1919

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 20:00

※ この記事の登録日は発見日の7月19日にしましたが、書いたのは8月19日です。

野辺山方面でみつけました。ツノハシバミにいたアブラムシです。


■ カバウスブチアブラムシ Mesocallis pteleae Matsumura, 1919

専門家のだいすけさん( @enyumorihiro )にサンプルを送って同定していただきました。

サンプルを提供いただき、カバウスブチアブラムシMesocallis pteleae Matsumura, 1919と同定しました。先の種と異なり、触角第3節や頭部の先端が黒色である等の点が異なります。日本、韓国、中国のクマシデ属、ハシバミ属、カバノキ属、ハンノキ属などから記録されているようです。

詳しい情報は以下の文献で見ることができました。
Higuchi, H. (1972) A TAXONOMIC STUDY OF THE SUBFAMILY CALLIPTERINAE IN JAPAN (HOMOPTERA : APHIDIDAE). Insecta matsumurana, 35(2), 23-24.

前翅の黒い筋については”anal vein bordered with brown” と書かれていました。でanal veinについて検索したのですが、こちらによれば anal vein はアブラムシには存在しないけどCu2がしばしばanal veinと呼ばれるそうです。

サワシバブチアブラムシ Mesocallis sawashibae (Matsumura, 1917)

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 19:00

※ この記事の登録日は発見日の7月19日としてありますが、書いたのは2020年8月19日です。

野辺山方面に行ってきました。

ハシバミで見つけたアブラムシです。かなり小さくて肉眼では有翅虫かどうかよくわかりませんでした。


■ サワシバブチアブラムシ Mesocallis sawashibae (Matsumura, 1917)

専門家のだいすけさん( @enyumorihiro )にサンプルを送って同定していただきました。

サンプルを提供いただき、サワシバブチアブラムシMesocallis sawashibae (Matsumura, 1917)と同定しました。体色は全体に黄色ですが、触角の節のつなぎ目のみが黒色です。これまで日本、韓国、中国、東シベリアのサワシバおよびクマシデから記録されているようです。

詳しい情報は以下の文献で見ることができました。
Higuchi, H. (1972) A TAXONOMIC STUDY OF THE SUBFAMILY CALLIPTERINAE IN JAPAN (HOMOPTERA : APHIDIDAE). Insecta matsumurana, 35(2), 24-26.

2020年5月28日

クマヤナギヒゲナガアブラムシ Sitobion berkemiae (Shinji, 1941)

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 22:00

クマヤナギ類にいたアブラムシです。角状管がなんだか立派です。

■クマヤナギヒゲナガアブラムシ Sitobion berkemiae (Shinji, 1941)

アブラムシ入門図鑑に載ってました。ホストもあってますし、外観も一致しているので間違いなさそうです。

ツイッターに投稿したところ、だいすけさんからご教示いただきました。

Sitobion berkemiae (Shinji, 1941)で間違いないと思います。本種より先にS. berchemiae (Takahashi, 1938)が中国のクマヤナギ類から記載されており、S. berkemiaeはシノニムでは、という意見があります。

ということで採ってきてほしいと言われたのですが、このあと見に行ったときにはもういませんでした。私のよく行くフィールドではクマヤナギはかなり普通なので、そのうち再発見できると思います。忘れないようにしないと…

2020年5月15日

コオノオオワタムシ Prociphilus (Stagona) konoi Hori, 1938

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 22:00

5月5日、ミヤマウグイスカグラで葉にゴールを作っているアブラムシを見つけました。

ホストとゴールからコオノオオワタムシの可能性がありそうです。ゴールの名前はウグイスカグラハマキフシ。

ツイッターに投稿したところ、だいすけさんからコメントをいただき、コオノオオワタムシの可能性が高そうとのことでした。幹母と有翅虫が得られると正確に同定できそうとのことでしたので、継続して探すことにします。

5月8日に再び訪れて、巻かれた葉の内側で一匹だけ雰囲気の違うのがいました。おそらく幹母でしょう。有翅虫はまだ出現していないようでした。

5月15日、有翅虫が出現していました。

だいすけさんにサンプルを送る予定なので、正確な同定結果が得られたら、追記したいと思います。

2020年11月17日追記:
だいすけさんに同定していただきました。コオノオオワタムシで間違いなさそうです。以下標本写真です。だいすけさんに転載許可をいただきました。触角のスジみたいなのが重要らしいです。

和名については、コウノオオワタムシとされている場合もあり、日本昆虫目録ではそうなってます。

原記載がネットで見れましたのでリンクしておきます。第2寄主は Picea glehnii エゾアカマツ (Picea Glehniとなっているがおそらくタイポ) の根だそうです。こちらにはエゾアカマツは分布していないようで、別の樹木だと思われます。周辺の樹木を調べてみますかね。

【参考文献、サイト】

Hori, M (1938). A Revision of the Species of the Tribe Pemphigini occurring in Hokkaido and Saghalien (Studies on Aphididae of the Northern Part of Japan, 1).
北海道病害虫防除所 ハスカップのコオノオオワタムシ(新寄主)

古い投稿 »

Powered by WordPress