長坂蛾庭

2021年6月7日

ツノゼミの幼虫

カテゴリー: 1.自然観察, カメムシ目, カメムシ目 その他, — Hepota2 @ 19:00

野辺山方面で見ました。

6月7日。

ツイッターに投稿したところ、知久寿焼(@chikushoukai)さんから、教えていただきました。

ツノゼミ Butragulus flavipes の4齢かなあと思います。脱皮してそれほど経ってなさそうですね。

かなり変異幅があるらしいです。

6月15日、また別のパターンを見つけました。

いろいろなパターンがありそうなので、継続して探してみたいと思います。

2021年5月12日

オオホシチビカスミカメ

カテゴリー: 1.自然観察, カメムシ目, カメムシ目 その他, — Hepota2 @ 20:00

アキグミで見つけたカメムシです。
5月2日幼虫を見つけました。その後5月12日に成虫が出ているのを見つけました。
オオホシチビカスミカメで良さそうです。
幼虫は体中にあるごまつぶのような黒い点から毛が生えているのですが、それが触角にまであり、ちょっと面白いかと思いました。迷彩になっているのでしょうか?

5月2日に見つけた幼虫。

5月12日に見つけた幼虫と成虫

■ オオホシチビカスミカメ

2020年6月27日

チャイログンバイ

カテゴリー: 1.自然観察, カメムシ目, カメムシ目 その他, — Hepota2 @ 22:00

6月20日、イヌザクラ(ウワミズザクラかもしれない、要確認)でグンバイムシっぽい幼虫を見つけました。触角の第3節が明らかに長いです。

ツイッターに投稿したところチャイログンバイではないかとの意見をいただきました。ネットにあまり情報がないので、観察を開始位します。

6月27日、羽化殻の横にいた新成虫を見つけました。

成熟した成虫や幼虫も見ることができました。

■ チャイログンバイ

廊下の虫探検』さんのサイトにあった情報によると、日本産Physatocheila属は4種で外観がかなり違うらしいので、チャイログンバイで良さそうです。

2018年11月5日

ウスイロヒラタナガカメムシ

カテゴリー: 1.自然観察, カメムシ目, カメムシ目 その他, — Hepota2 @ 22:00

甘利山の中腹にある椹池付近で撮影しました。
それほど珍しくはないようですが、高倍率で撮影したので載せておきます。

少し前に同種をツイッターに投稿して鶉亀虫さんから教えてもらいました。

2013年6月26日

森の観察めぐり—2013 第1回(カメムシ目編)

続き。


エゾハルゼミ
たくさん鳴いていてうるさかったです。カエルの鳴き声のようにも聞こえますが、雨が降り出すと鳴き止みます。


オオヘリカメムシ

観察会の報告はこれで終わり。

Powered by WordPress