長坂蛾庭

2013年2月11日

透過顕微鏡における深度合成

カテゴリー: 2.道具, 顕微鏡 — Hepota2 @ 21:30

タイトルわかりにくかったので変更しました

ー2013年2月13日ー
いろいろ失敗していたので、やりなおしました。こちらをご覧ください。

CombineZPはいくつかアルゴリズムが選択できるのですが、その中に”Do Weighted Average”というのがあります。名前から想像すると、ピントの合い具合で重みをつけて平均するのだと思うので、顕微鏡用には良さそうです。


対物20倍、ピントを変えて31面、1面は4枚で、全部で124枚撮影して合成してます。
縮小専用で50%に縮小、CombineZPで合成、フォトスティッチで4枚貼り合わせ、sRGB情報が無くなっているようだったのでPhotoshopで再圧縮。

なんとなく良さそうです。大変ですけど…。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress