長坂蛾庭

2018年5月22日

ハコネキジラミ Cacopsylla hakonensis (Kuwayama, 1908)

カテゴリー: 1.自然観察, カメムシ目, キジラミ, — Hepota2 @ 15:33

今年の3月からハコネキジラミの観察をしてきましたのでまとめます。
途中の幼虫はあまり撮影しませんでした。

3月17日、葉が展開しはじめたアケビに集まっていた越冬成虫と、卵です。

4月28日、アケビの葉の上でワックスを出す幼虫です。近所のいろいろな場所でたくさん見られました。

5月10日、終齢幼虫でしょうか。

同日、成虫が出ていました。両方とも♀で、斑紋は変異があるようです。左側の個体の頭に乗っている赤いのはダニです。

■ ハコネキジラミ Cacopsylla hakonensis (Kuwayama, 1908)

学名はInoue2010で、Psylla属からCacopsylla属に移動されているようです。

文献についてはPsyl’listからどうぞ。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress