長坂蛾庭

2011年3月19日

フォーサーズ用オートリバースアダプタ(2)

カテゴリー: 2.道具, カメラ — Hepota2 @ 19:39

ズームレンズホルダーを作りました。

ズームレンズのリバースはズームリングを回すだけで倍率の変更ができ、Exif情報から撮影倍率がわかるので都合が良いのですが、レンズの先端を押しただけでも動いて倍率が変わってしまうため、固定する工夫をしないと使いにくいです。そこで全体をパイプの中に入れて、マウント側で保持するようにしてみました。他のメリットとしては…

  • 倍率によらず長さが固定
  • パイプにいろいろくっつけられる
  • 摺動部分が表に出ないのでレンズ内にゴミが入る可能性が低くなる
  • 摺動部分に無理な力がかからない
  • 最大倍率が若干上がる

デメリットとしては重く、直径が太くなってしまいます。

すげーものができそうだったので、レンズも新調してみました。ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 Ⅱです。6万円ほどでした。テレ端無限遠で撮影倍率は約2.4でしたが、このレンズはフローティング機構を採用しているとかで、近接補正が行われているようです。そのためピントを最短距離に合わせた方が解像度が上がりそうです。やってみると倍率が3.6倍になりました…。インナーフォーカスなので、画角を変えて合わせているようです…orz。見なかったことにしましょう。人間細かいことを気にしてはいけません。

ホルダーに収めた場合の倍率は、約2.5-8倍です。フォーサーズ機では5-16倍相当になります。

試し撮りしてきたのですが、別の記事に続けます。

4件のコメント »

  1. こんばんは。
    ズームレンズのリバースはかなり期待できそうですね。欲を言えば倍率の範囲がもう少し低い方にずれていればいいのですが。
    レンズをマウント側で保持するとは凄いアイデアですが、ボディ側の処理が難しそうですね。ホコリが入りやすくならないですか?

    コメント by おちゃたてむし — 2011年3月19日 @ 22:45

  2. こんばんは、

    シルテ無も凄いけれども、6万円のレンズを新調して、直ぐに改造(?)できるとこがもっと凄いです(^^)。私も、ズームレンズを検討してみるかな~?
    撮られた写真も見ましたが、やはり高倍率だと照明も工夫しないとダメ(自然光だけだと切れがあまい)みたいですね!

    コメント by そら — 2011年3月19日 @ 23:19

  3. おちゃたてむしさん、こんばんは。
    ボディ側は、とりあえずスポンジを巻いて輪ゴムで止めてあります。だんだん面倒になってきたので、もう少しきつく巻いてヒモで縛るぐらいで済まそうかと思ってます。

    コメント by Hepota — 2011年3月19日 @ 23:44

  4. そらさん、こんばんは。
    レンズの改造はしてませんよ。いちおうアダプタ方式なので。他のレンズに付け替えるにはドライバーが必要ですけど。
    自然光での写真は優しい感じがして味があると思いますし、自然光で高倍率撮影されている方は非常に少ないと思うので、このまま突っ走って欲しいとは思います。

    コメント by Hepota — 2011年3月20日 @ 00:34

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress