長坂蛾庭

2017年4月22日

ニセケチャタテ科の一種

カテゴリー: 1.自然観察, チャタテムシ目, — Hepota2 @ 21:20

先日行った有度山で撮影しました。

樹種は忘れましたが、タブノキとかヤブニッケイだったように思います。その葉裏にチャタテムシがいました。ちょっと撮影に失敗しまして、わかりづらくてすみません。

ツイッターに投稿しましたところざっそう屋さんからナガケチャタテに似ているという情報をいただきました。

調べてみると確かにネット上の写真と似ていましたが、文献[4:670]を見てみると少し翅脈が違うようです。

翅脈が見難かったのでとりあえずトレースしてみました。

よくわからないのですがニセケチャタテ科だとします。文献[3:311]の検索表を見るとM脈が3本に別れておりRsはほとんど屈曲していないので、Phallocaecilius, Heterocaecilius, Pseudocaeciliusのどれかのようです。文献[1:707]にPseudocaecilius属が3種記載されていますが、翅脈が全然違うようです。また文献[2:5]に Heterocaecilius属とPseudocaecilius属が記載されていますが、こちらも翅脈が全然違ようです。

ということで今回も行き詰まりました。



【参考文献】
[1] Yoshizawa, Kazunori (1995) Taxonomic Study on the Family Pseudocaeciliidae (Psocoptera: Psocomorpha) of Japan : 1. Revision of the Genus Pseudocaecilius. Japanese journal of entomology, 63(4), 703-721. PDF(HUSCAP)

[2] Yoshizawa, Kazunori (1996) Taxonomic Study on the Family Pseudocaeciliidae (Psocoptera: Psocomorpha) of Japan : 2. Genera Heterocaecilius and Phallocaecilius. Japanese journal of entomology, 64(1), 3-16.
PDF(HUSCAP)

[3] Yoshizawa, Kazunori (1996) Taxonomic Study on the Family Pseudocaeciliidae (Psocoptera: Psocomorpha) of Japan : 3. Genera Allocaecilius, Ophiodoperma and Pseudoscottiella. Japanese journal of entomology, 64(2), 300-312. PDF(HUSCAP)

[4] Yoshizawa, Kazunori (2000) Redescription of Mepleres suzukii (Okamoto), with Comments on Synonymy among Mepleres, Pseudoscottiella and Meniscopsocus (Psocodea : ‘Psocoptera’ : Pseudocaeciliidae) Entomological science, 3(4), 669-674. PDF(HUSCAP)

2013年7月7日

チャタテムシの一種

カテゴリー: 1.自然観察, チャタテムシ目, 八ヶ岳薬用植物園, — Hepota2 @ 21:09

下界のみなさまこんばんは。今日は暑かったようですね。シッシッシッシ。

久しぶりに八ヶ岳薬用植物園に行ってきました。
見たい物は出てませんでした。というか虫が少ない?

メグスリノキにいたチャタテムシの一種です。体長約5mmと大きいです。まだあまり調べてませんがオオチャタテでしょうか?

以下追記

クロミャクチャタテとは翅脈が異なるので、オオチャタテで良いのかな。

下のサイトはクロミャクチャタテの間違いじゃないかなぁ。

虫ナビ のトップの画像とドームシェルターの明かりに飛来した本種①②

自然観察雑記帳

ishida式のホームページ

さらに追記

スジチャタテかその近縁種のようだ。

2012年11月7日

ホソチャタテ科の一種

カテゴリー: 1.自然観察, チャタテムシ目, — Hepota2 @ 16:46

同じく八ヶ岳横断歩道、標高1500mぐらいです。カエデはすべて葉を落としていました。
落ち葉をめくっていると、チャタテムシがいました。標高が高いので、珍しい種類がいるかもしれませんので、撮影してみました。


体長は約3.5mmです。

後翅の翅脈が重なってみにくいので、絵を描いてみました。

翅脈は、文献[1] 26ページの (V) Stenopsocus sp. に似ていますが、矢印1が違うようです。

—修正—
文献[2]を見ると、矢印[2]と[3]は、Stenopsocidae ホソチャタテ科の特徴のようなので、タイトルを修正しておきました。

—参考文献—
[1] YOSHIZAWA, Kazunori 2005. MORPHOLOGY OF PSOCOMORPHA (PSOCODEA: ‘PSOCOPTERA’). Insecta matsumurana. 62:1-44

[2] Yoshizawa, K. 2002. Phylogeny and higher classification of suborder Psocomorpha (Insecta: Psocodea: “Psocoptera”). Zoological Journal of the Linnean Society
136: 371-400.

2012年8月1日

?ウスベニチャタテの幼虫

カテゴリー: 1.自然観察, チャタテムシ目, — Hepota2 @ 20:33

同じく、谷戸城跡です。

サクラの葉裏に見たことの無いチャタテムシ類の幼虫がいました。

アップです。体長は約1.5mmです。

■?ウスベニチャタテの幼虫
○Canon PowerShot SX230 HS, Raynox MSN-102, x2デジタルテレコン, 最大倍率

少し検索してみましたが、わかりませんでした。

-2012年8月3日-
おちゃたてむしさんから情報をいただきまして、ウスベニチャタテに似ているということです。?付きで名前を出しておきました。ウスベニチャタテの1齢幼虫の記事が、おちゃたてむしさんのブログの2010年7月1日の記事にありますので、ご覧ください。

2012年3月12日

金の卵

カテゴリー: 1.自然観察, グリーンヒル八ヶ岳, チャタテムシ目, — Hepota2 @ 01:16

日付が変わったので昨日になりますが、グリーンヒル八ヶ岳に行ってきました。
あまり整備が良くないのですが、大深沢遊歩道を通るルートを発見したので、定期的に行ってみようと思ってます。その途中にツルマサキだと思いますが、太いつる性の常緑樹があったので、葉裏をチェックしたところ、このチャタテムシの卵が沢山ついてました。

どんなのが産まれてくるのでしょうね。

2011年7月10日

チャタテムシ科(Psocidae)の一種

カテゴリー: 1.自然観察, チャタテムシ目, — Hepota2 @ 23:58

2週間ほど前、タブノキの葉で撮影しました。ちょっと調べてみましたが、よくわかりませんでした。体長は翅端まで約3.8mmです。何かわかるでしょうか?

—2011年7月12日—
ezo-aphidさんからのご指摘で、タイトルを『チャタテムシ科(Psocidae)の一種』に変更しました。

この記事に対するスパムが多いのでコメントの入力を禁止しました。(2013年2月)

2011年6月2日

チャタテムシの一種の1齢幼虫

カテゴリー: 1.自然観察, チャタテムシ目, — Hepota2 @ 22:39

昨日アップした卵ですが、今日見ると一斉に孵化していました。やはりチャタテムシのようです。ヨツモンホソチャタテかもしれません。大きさは、卵が約0.5mm、幼虫が約0.8mmです。

2011年4月14日

ウスイロチャタテ科の一種 Ectopsocus sp. ♂

カテゴリー: 1.自然観察, チャタテムシ目, — Hepota2 @ 05:19

昨日撮影したチャタテムシです。ヒサカキの葉裏に糸を張ってその下にいました(自分で張ったのかどうかはわかりません)。妙な形をしてますが、顔はチャタテムシです。どうやら、ウスイロチャタテ科Ectopsocus属のようです。アーチャーンさんのブログに詳しく載っています。お腹がとても小さいので♂だと思います。


2011年4月13日、東京都府中市、ヒサカキの葉裏にて、前翅長約2.5mm。
E-410 + 14-54リバース

ー2012年2月26日ー
Escopsocusとしていましたが、Ectopsocusに修正しました。

Powered by WordPress