長坂蛾庭

2020年7月30日

モクレンヒゲナガマダラアブラムシ Calaphis magnoliae Essig & Kuwana, 1918

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 19:29

野辺山で見つけました。コブシにいたアブラムシです。


■ モクレンヒゲナガマダラアブラムシ Calaphis magnoliae Essig & Kuwana, 1918

モクレンヒゲナガマダラアブラムシのようです。森津図鑑に有翅虫の写真が載ってました。外観がかなり特徴的でホストも合っているので、たぶん大丈夫でしょう。

森津図鑑および日本昆虫目録ではNeocalaphis属になっていますが、aphid.speciesfile.orgではCalaphis属になっています。状況は確認中です。

2020年7月29日

オオトガリキジラミ Epitrioza mizuhonica Kuwayama, 1910

カテゴリー: 1.自然観察, カメムシ目, キジラミ, — Hepota2 @ 20:00

野辺山方面で見つけたトガリキジラミです。


■ オオトガリキジラミ Epitrioza mizuhonica Kuwayama, 1910

翅脈から無印オオトガリキジラミのようです。日本で記録があるオオトガリキジラミ属は3種で、幼虫はどれもグミ類につきます。ヤマオオトガリキジラミ以前観察しましたね。オオトガリキジラミの幼虫はゴールを作るらしいので来年観察してみたいと思います。

2020年7月26日

ミツバウツギにいたハバチの幼虫

カテゴリー: 1.自然観察, ハチ目, — Hepota2 @ 13:48

以前見たミツバウツギのハバチは、ツマグロハバチの可能性が高いことがわかりました。詳細はリンク先を御覧ください。

2020年7月19日

ニッポンオマルアブラムシ? Amphicercidus ?japonica (Hori, 1927)

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 22:00

新型コロナの影響であまり遠くへは出かけていませんでしたが、3ヶ月ぶりくらいに野辺山方面に行ってきました。

キンギンボクと思われる木の若い枝に、綿にまみれたアブラムシがいるのを見つけました。

ストロボの調子が悪かったので、採集してきて自宅で撮影しましたが、ワックスにまみれていてよくわかりませんね。

無翅の成虫を2個体ほどプレパラート標本にしてみました。コナジラミと同じような方法で処理しましたが、氷酢酸で脱水後、クローブオイルに漬けると腹部が少し萎縮しました。浸透圧的なものでしょうか。腹部に針で穴をあけるなどしたほうがいいのかもしれません。

ツイッターに投稿したところだいすけさんから、ニッポンオマルアブラムシの可能性あるとのご意見をいただきました。サンプルを送付予定なので、詳細が判明したら追記したいと思います。

カバウスブチアブラムシ Mesocallis pteleae Matsumura, 1919

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 20:00

※ この記事の登録日は発見日の7月19日にしましたが、書いたのは8月19日です。

野辺山方面でみつけました。ツノハシバミにいたアブラムシです。


■ カバウスブチアブラムシ Mesocallis pteleae Matsumura, 1919

専門家のだいすけさん( @enyumorihiro )にサンプルを送って同定していただきました。

サンプルを提供いただき、カバウスブチアブラムシMesocallis pteleae Matsumura, 1919と同定しました。先の種と異なり、触角第3節や頭部の先端が黒色である等の点が異なります。日本、韓国、中国のクマシデ属、ハシバミ属、カバノキ属、ハンノキ属などから記録されているようです。

詳しい情報は以下の文献で見ることができました。
Higuchi, H. (1972) A TAXONOMIC STUDY OF THE SUBFAMILY CALLIPTERINAE IN JAPAN (HOMOPTERA : APHIDIDAE). Insecta matsumurana, 35(2), 23-24.

前翅の黒い筋については”anal vein bordered with brown” と書かれていました。でanal veinについて検索したのですが、こちらによれば anal vein はアブラムシには存在しないけどCu2がしばしばanal veinと呼ばれるそうです。

サワシバブチアブラムシ Mesocallis sawashibae (Matsumura, 1917)

カテゴリー: 1.自然観察, アブラムシ, カメムシ目, — Hepota2 @ 19:00

※ この記事の登録日は発見日の7月19日としてありますが、書いたのは2020年8月19日です。

野辺山方面に行ってきました。

ハシバミで見つけたアブラムシです。かなり小さくて肉眼では有翅虫かどうかよくわかりませんでした。


■ サワシバブチアブラムシ Mesocallis sawashibae (Matsumura, 1917)

専門家のだいすけさん( @enyumorihiro )にサンプルを送って同定していただきました。

サンプルを提供いただき、サワシバブチアブラムシMesocallis sawashibae (Matsumura, 1917)と同定しました。体色は全体に黄色ですが、触角の節のつなぎ目のみが黒色です。これまで日本、韓国、中国、東シベリアのサワシバおよびクマシデから記録されているようです。

詳しい情報は以下の文献で見ることができました。
Higuchi, H. (1972) A TAXONOMIC STUDY OF THE SUBFAMILY CALLIPTERINAE IN JAPAN (HOMOPTERA : APHIDIDAE). Insecta matsumurana, 35(2), 24-26.

2020年6月27日

チャイログンバイ

カテゴリー: 1.自然観察, カメムシ目, カメムシ目 その他, — Hepota2 @ 22:00

6月20日、イヌザクラ(ウワミズザクラかもしれない、要確認)でグンバイムシっぽい幼虫を見つけました。触角の第3節が明らかに長いです。

ツイッターに投稿したところチャイログンバイではないかとの意見をいただきました。ネットにあまり情報がないので、観察を開始位します。

6月27日、羽化殻の横にいた新成虫を見つけました。

成熟した成虫や幼虫も見ることができました。

■ チャイログンバイ

廊下の虫探検』さんのサイトにあった情報によると、日本産Physatocheila属は4種で外観がかなり違うらしいので、チャイログンバイで良さそうです。

2020年6月5日

コツマモンベニヒメハマキ Eudemopsis tokui Kawabe, 1974

カテゴリー: 1.自然観察, チョウ目, — Hepota2 @ 22:00

5月8日、ヤマコウバシの葉を巻いているイモムシを見つけました。観察を始めます。

5月12日、少し大きくなったのがいたので採ってきましたが、動きがなくておかしいです。

5月15日、元気の良さそうなのがいたのでこちらも採ってきました。

5月24日ごろ、どちらも蛹化したようですが…

5月27日、様子がおかしかった方から寄生蜂が出てきました。ヒメバチのようです。

6月5日、後から採ってきたほうが無事羽化しました。標準図鑑で調べたところEudemopsis属のようでしたが、ヤマコウバシをホストとする種は載っていませんでした。

■ コツマモンベニヒメハマキ Eudemopsis tokui Kawabe, 1974

ツイッターに投稿したところ、コツマモンベニヒメハマキではないかとの情報をいただきました。小学館のNEO昆虫図鑑、イモムシとケムシに載っているとのことで、図書館から借りてきて確認しました。子供向け図鑑とされているようですが、恐るべし情報量です。

ホストは最近判明したのかもしれません。残念ながら、文献情報までは載っていませんでした。とりあえず、問題なさそうなのでコツマモンベニヒメハマキとしておきます。

古い投稿 »

Powered by WordPress