長坂蛾庭

2012年5月27日

オオオビヒラタアブ♀ Megasyrphus erraticus (Linnaeus. 1758)

カテゴリー: 1.自然観察, ハエ目, — Hepota2 @ 22:51

同じく、天女山付近で撮影しました。トウゴクミツバツツジにいたヒラタアブです。ハナアブ写真集を見ると、腿節が黒いのは他にいなさそうなのですが、どうでしょう?
たまにハエ板に投稿してみますか。めげずに…

■オオオビヒラタアブ♀ Megasyrphus erraticus

ー2012年6月6日—
ハエ板でpekenyaさまよりご教示いただきました。

画像のハナアブはMegasyrphus erraticusオオオビヒラタアブのメスです。この属は翅のr4+5脈が弱く波曲することが大きな特徴なのですが、この画像では見えませんね。ですが、複眼が有毛であること、腹部腹板にも明瞭な横縞模様があること、翅の前縁の基部側が広く濃色であることから本種と解ります。

平地ではめったに見られませんが、八ヶ岳周辺では普通に見かけるハナアブのようです。

r4+5脈が弱く波曲するというのは、下の画像の部分だろうと思います。機会があったら、翅脈のわかる写真を載せたいと思います。

pekenyaさま、ありがとうございました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress