長坂蛾庭

2020年6月5日

コツマモンベニヒメハマキ Eudemopsis tokui Kawabe, 1974

カテゴリー: 1.自然観察, チョウ目, — Hepota2 @ 22:00

5月8日、ヤマコウバシの葉を巻いているイモムシを見つけました。観察を始めます。

5月12日、少し大きくなったのがいたので採ってきましたが、動きがなくておかしいです。

5月15日、元気の良さそうなのがいたのでこちらも採ってきました。

5月24日ごろ、どちらも蛹化したようですが…

5月27日、様子がおかしかった方から寄生蜂が出てきました。ヒメバチのようです。

6月5日、後から採ってきたほうが無事羽化しました。標準図鑑で調べたところEudemopsis属のようでしたが、ヤマコウバシをホストとする種は載っていませんでした。

■ コツマモンベニヒメハマキ Eudemopsis tokui Kawabe, 1974

ツイッターに投稿したところ、コツマモンベニヒメハマキではないかとの情報をいただきました。小学館のNEO昆虫図鑑、イモムシとケムシに載っているとのことで、図書館から借りてきて確認しました。子供向け図鑑とされているようですが、恐るべし情報量です。

ホストは最近判明したのかもしれません。残念ながら、文献情報までは載っていませんでした。とりあえず、問題なさそうなのでコツマモンベニヒメハマキとしておきます。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress