長坂蛾庭

2012年10月22日

カエデのコナジラミ4

2013年10月31日追記:Aleurochiton orientalisとしました。

これも同じイタヤカエデです。
一本の木で3種類見つけました。


大きさは約1.5×1.4mmです。
産まれてからの脱皮殻を奇麗に背負ってます。
なんだかおかしいですね。

まだ何も調べてません。とりあえずアップしておきます。

仮名を考えてみました。
『ムギワラボウシコナジラミ(仮名)』

カイガラムシの線もあるかなぁ…

ー2012年10月24日ー
?Aleurochitonと同種のような気がしてきました。ぜんぜん似てませんが、無いように見えた脱皮縫合線もあって似たような形ですし、全体の形や、しわの形、縁の色が濃くなっているところが似ています。4齢になったばかりで、模様が無いのかなと思いましたが…。継続して観察すれば何かわかると思います。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress