長坂蛾庭

2018年5月14日

ヒゲクロキジラミ Cacopsylla nigriantennata (Kuwayama, 1908)

カテゴリー: 1.自然観察, カメムシ目, キジラミ, — Hepota2 @ 15:42

先日、ネジキの幼木と思われる木から見つけたキジラミです。

葉っぱです。4月29日撮影。

新成虫と思われる個体と産卵中の個体です。

■ ヒゲクロキジラミ Cacopsylla nigriantennata (Kuwayama, 1908)

ツイッターにアップしたところ、専門家と思われるYMiyaさんからヒゲクロキジラミと教えていただきました。

年一化ということなので、たまたま遅くまで産卵している個体が残っていたようです。
山陰地方のキジラミ図鑑によれば、越冬成虫の複眼が黒いと書かれてます。

後日、もう一度見に行って、複数の新成虫が羽化しているのを確認しました。

5月1日撮影。

幼虫は見つかりませんでしたが、葉柄の根本に葉が袋のようになっている部分があって、底に若齢幼虫の脱皮殻がいくつか見つかりました。

文献が見たい方は以下のサイトを参照してください。元記載のPDFが見れますがドイツ語のようです。
 Psyl’list

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress