長坂蛾庭

2019年5月11日

ヤマコウバシの虫えいとタマバエの幼虫と寄生蜂

カテゴリー: 1.自然観察, タマバエえい, ハエ目, ハチ目, , 虫えい — Hepota2 @ 19:00

大蔵経寺山で見つけました。

ヤマコウバシの葉の縁を巻いた虫えいです。葉表にはミミズ腫れのような痕ができてます。

ゴールはタマバエが形成するヤマコウバシハマキフシのようです。

中を開いてみるとタマバエの幼虫らしきものがいて、さらに寄生蜂が産卵してました。見にくいのですが後脚の間辺りから産卵管が伸びています。

虫えいも調べようとしてみるといろいろと新しい発見がありますね。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress