長坂蛾庭

2012年6月10日

八ヶ岳自然観察の会 — 2012年6月

今日は八ヶ岳自然観察の会に参加してきました。
偶数月は泉ビオトープ〜谷戸城をまわります。

先週コナラで見た寄生を受けた蛾の幼虫を見に行くと、カメムシが吸汁してました。

調べたところアオクチブトカメムシの4齢あたりではないかと思います。蛾やハバチの幼虫の他、クヌギやケヤキ等の植物からも吸汁するらしいです。

蛾がいました。

ホシオビコケガのようです。

ハルニレはたくさんあって、葉っぱに虫コブが大量にできてました。先週撮った写真を貼っておきます。

中にはアブラムシがいましたが、小さくてよくわかりませんね。そのうち高倍率で撮ってきます。

伏見さんがマムシグサで見つけられた寄生蜂の繭です。

ホウネンタワラチビアメバチに似たような感じなので、チビアメバチと繭で検索すると、フッカーSさんのブログで似たようなのが見つかりました。お持ち帰りしたので、何か出れば報告したいと思います。
その後、検索していたら、夏子さんのブログにも同じようなのが出てました。

見たことのない虫がいました。蝶のようなトンボのような…

キバネツノトンボのようです。トンボではなく、アミメカゲロウ目ツノトンボ科で、ウスバカゲロウと近い仲間のようです。

いろいろな場所で絶滅危惧種に指定されているようです。
日本のレッドデータ検索システム

4件のコメント »

  1. ツノトンボ、こんなのも一度くらいは撮って見たいものです!
    寄生蜂の繭、私もお持ち帰りしていますが、色が黒く変色してしまってダメっぽい感じがしてきました。
    持ってきた当初は、中の幼虫が動いているのが見えたのですが。

    コメント by そら — 2012年6月11日 @ 12:28

  2. そらさん、こんばんは。
    キバネツノトンボは山梨遠征しかないでしょう。
    寄生蜂の繭は、フッカーSさんも過去に失敗したようなことを書かれていましたが、何か条件が必要なのでしょうかねぇ。寄生蜂って、出てくる確率が高いように思っていたのですが…

    コメント by Hepota — 2012年6月11日 @ 20:16

  3. 虫こぶはちょっとね~~・・・^^:
    虫こぶの中身まではちょっとちょっと…(><
    他のものはまあ大丈夫なんですが、ゾッとしてしまうのです。
    数年前は、虫という虫が全然だめでした。でも、写真を撮るようになってから慣れました^^

    コメント by nekocchi1122 — 2012年6月12日 @ 01:02

  4. nekocchiさん、虫コブもだめなんですか。
    まぁ病気に見えますからねぇ。
    虫コブも写真を撮っていればすぐに慣れると思いますよ。

    コメント by Hepota — 2012年6月12日 @ 10:13

このコメント欄の RSS フィード

コメントをどうぞ

Powered by WordPress